押尾学と揉めたりoneに出ていた渋谷莉孔、失明してからの現在

渋谷莉孔(シブヤ リク)とは?

今、アウトサイダー出身の朝倉未来、マサカリ金太郎 選手がRIZINに出て一世を風靡しています。

その2人よりも早くアウトサイダーの舞台からプロの舞台に行ったのが渋谷莉孔 選手です。

プロ デビュー

  • 渋谷莉孔 2010年
  • マサカリ金太郎 2012年
  • 朝倉未来 2012年

朝倉未来(空手、相撲)、マサカリ金太郎(剣道、キックボクシング)の格闘技経験があるのでアウトサイダーに出てすぐプロ戦に行きました。

ちなみに朝倉未来選手よりマサカリ金太郎選手の方が早くプロに行っています。

そんな中格闘技経験0からその2人よりも早くプロの舞台に行っていたのが渋谷莉孔 選手です。

その時の異名は『リアル刃牙』

3人の生年月日

渋谷莉孔 1985年 生まれ

マサカリ金太郎 1993 早生まれ

朝倉未来 1992生まれ

なので渋谷莉孔 選手の方が2人より7歳上です。

階級もストロー級なのでまずやり合うことは無いでしょう。

アウトサイダー時代の渋谷莉孔

 

渋谷莉孔 選手に関しては格闘技経験もなくアウトサイダーに出ていて初戦から柔道黒帯の相手に対して鼻血を出させそれが止まらずTKOしていました。

そして『弱ぇーんだよ!』と吐き捨てる狂犬ぶりで周りの空気を圧倒していました。

『あの赤い奴とやりたい』とソッコーで前田日明を指名していました。

Tシャツ1枚、1人で当時の荒れた歌舞伎町を歩く男。

そのオーラはすごかったです。

そんな狂犬ぶりを見せる姿とは裏腹に繊細な一面も見せていました。

まさかの高所恐怖症、入場の時に降りる階段が怖くてその気持ちを抑えるため発狂していたと言っていました。

いつも試合前は発狂していてその異様な光景に飲まれて戦う前から負けている相手もいたので作戦だったのかも知れませんね。

 

ONE時代の渋谷莉孔

滞在地はハワイ。

一番ノリでプロに行きデビュー戦も勝利したのはいいもののそれから試合で片目失明をしました。

それで引退もささやかれたり結果も何とも言えない感じでした。

一応引退はなくなって目の手術も無事終わりそこから消息が途絶えました・・・

押尾学との関係

渋谷莉孔が高校時代に集団で当時人気だった押尾学の家にボコリに行きました。

そうすると押尾学が木刀を持って出てきて全員返り討ちにされたというのです。

その過去があり押尾学が麻薬取締法で捕まった際に『ざまみろー!』とアメブロで煽った際に炎上してその記事も一位になりチンピラ格闘家と話題になったといいます。

 

渋谷莉孔の知られざる幼少期

プライベートがほとんど知られていない人なので情報はあまり出回っていません。

本人もお喋りなタイプではなく行動で示すシャイなタイプです。

唯一、本人が雑誌かなんかの取材で言っていたレアな情報があります

母親はフィリピン人の売春婦で

『あなたなんか生みたくて産んだわけじゃない』

と言われたと

だからなのか両親を死ぬように恨んで本当に死んだ時は大喜びしたとか

ですが、おばあちゃんがガンになった時は相当落ち込んでいておばあちゃんを元気付けるためにまた格闘技を頑張ると言っていた試合がアウトサイダーの朝倉 海 戦だったと思います。

高校時代は不良っていう感じではないけど常にナイフは持っていて喧嘩はよくしていたと言っていました。

そんな謎の大き男の仕事はまさかの・・・A○関係と言われていました。

アウトサイダーの後半からはその仕事を辞めていました。

失明の危機を乗り越えた後の試合と引きずった過去

実は格闘技は嫌いみたいです。

え?って思いますよね。

格闘技を始めたきっかけはk-1全盛期の頃に魔沙斗やKIDに勝てると思って格闘技ジムに行ってボコられた。

実際には23歳からアウトサイダーがきっかけで始めたそうです。

じゃあなぜ嫌いな格闘技を続けてきたのかというと勝ったら周りの仲間が喜んでくれてそれが嬉しいからだというのです。

勝っても自分は全然嬉しくなくて周りが喜んでくれてるのが嬉しいとだから一人になると全然嬉しくなくなるそうです。

なぜそう思うようになったかは過去が原因みたいです。

起きろと言って叩かれ、寝たら怒られ、しゃべろと言って喋ったらウルセーと言われる。

過去に自分を全否定された感じがしていて人に認めてもらえたことが嬉しいからという事です。

その全否定された過去の影響で正視恐怖症でちゃんと人の目を見て話せなかったと言います。

理由は人間不信と人の目を見て話すと自分を嫌な顔で見てくるからだと言います。

失明の危機を乗り越えた試合で様々な事を得ることが出来たようです。

死んだ、消えたと噂される現在

現在でもoneでプロの試合をしています。

なので死んではいません!

日本ではRIZINの次に知られている団体でマサカリ金太郎選手も出ています。

戦績はやはり何とも言えない感じと言われています。

交友関係はアウトサイダー時代に揉めた瓜田純士さんと関わりがあります。

今はFBIと協力をして国外逃亡をしている犯罪者の捜査に協力しているそうです。

あの狂犬ぶりは一切なくなり静かで落ち着きのある好青年に変わっていました。

ですがやはりどこか謎でふと見せる狂気な目も健在でした。

 

 

 

The following two tabs change content below.

浮狼者

マニアックな物やニッチな事柄を取り上げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA